FC2ブログ
プロフィール

ゆかやら

Author:ゆかやら
くせ 空想
特技 想像
趣味 多趣味
性格 石橋は大丈夫だと思えば叩かず渡る
人生 感で生きる

黙々とやってきた桐屋の仕事を
オープンにしてみます。

サイトのご案内
http://www.takakiri.com
高安桐工芸 検索

カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
escape!

  POINT :   
橙色の玉を操作し水色の玉から逃げろ!
※Firefox未対応

お獅子

今ブログの編集中、記事が全部消えてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

こんどは短く、商品ご紹介します(。・・。)。


お祭りの町石岡、ですが、そんな石岡のお祭りに欠かせない、
お獅子を収める箱です。

NEC_00301690258538_convert_20120823213245-758388776.jpg
85センチ四方の立方体。
落とし蓋、砥の粉と水蝋仕上げです。

硝子がはめてあります。

表書きは、書の道に進んでいる三代目の兄が施しました。



今年の石岡のお祭りは9月15日、16日、17日です!。




お重箱in落し蓋

以前にお重箱をご紹介しましたが、今回はそのお重箱が箱の中に収まったものです。

蓋を取って
蓋を取ったところ

5段のお重箱が中に入っています。
一番上には指をかける加工をしています。


引き出して
こんな感じに引き出します。


一つ取り出して
取り出してみました。

下の段も順に取り出して仕舞います。

桐箱は、地震で落下しても、高い確率で中のお品物を守ってくれますが、
このお重箱なら複数枚のお皿も安心して仕舞えます♪。

※絶対に割れないわけではありませんので、
 大切なものの保管は、低い場所にするなどご注意ください。

トレー

新商品のご紹介です。
リサイズ
桐のトレー:サイズ25×35㎝×6.5㎝(深さ4.5㎝)
価格:3,800円

良くあるトレーをもっと使いやすく。

人目に触れさせたくなる洗練されたスタイルをイメージし、
デザインキッチンツールとして制作しました。


大き過ぎず、小さ過ぎずとても扱いやすいサイズ。

きちんと、トレーとしての仕事を果たし、
女性やお子さんが両端に手を掛けた時に、楽に持ち運べる大きさです。
サイドの長めの持ち手も、握りやすく機能的。

桐の軽さは、トレー自体の重みを消し、より扱いやすいものになっています。


安心できる深さがあるので、これからの季節、
冷たいお飲み物や、重ねた食器も運びやすく重宝します。

ひっくり返せば、裏面を裏面と感じさせない作りの為、
広いお皿などを運ぶ際にリバーシブルとして利用できます。


デザインされた無垢のトレーは、仕舞わずキッチンに置いたままでも、
インテリアに馴染む存在感。

故に、トレー以外の用途としてお部屋でも使用できます。



明日、明後日とラパンさん店頭が初販売となります。
タカヤスの桐のトレーを、どうぞよろしくお願いします。

お名前入れ ティッシュボックス

高安桐工芸では、ご注文の商品へお名前などのレーザー加工を承っています。

↓はティッシュボックスへのお名前入れのご紹介です。

2011111419330000.jpg
お子様のお名前を連名で。


2011111513120000.jpg
パッケージ後です。



◆お名前入れについて
外注の為、2週間ほどお時間を頂きます。
料金はお名前1つで500円、2つで700円となります。

例)「勅使河原」 「裕子」など …500円 
  「佐藤 裕子」 「りえ 龍之介」など …700円  

* 漢字・ひらがな・ローマ字にご対応いたします。
* マークも一般的なものでしたらお入れできます。


まな板へのお名前入れなど、ゼヒ贈り物の際ご利用ください。
特別感が増して、送られる方に喜ばれることと思います☆。

実は鳥小屋

とても立派な鳥小屋のご紹介です。


鳥小屋
鳥小屋です!!。ホントです。
下の引き出しは、エサ入れ等にご使用されるそうです。

中で私が飼ってもらえそうな大きさ。
その前に、野生に放たれそうですが。

実はこの鳥小屋…

鳥小屋②
蓋付です!。

夜、暗くしてあげるのでしょうか。

私が子供の頃に飼っていた文鳥は、夜にはカゴにバスタオルが掛かっていました。
庶民派の白文鳥です。

鳥小屋③
ツヤのある水ろう仕上げ。

ホントに美しい鳥小屋です。

検索フォーム
リンク
高安桐工芸

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR