FC2ブログ
プロフィール

ゆかやら

Author:ゆかやら
くせ 空想
特技 想像
趣味 多趣味
性格 石橋は大丈夫だと思えば叩かず渡る
人生 感で生きる

黙々とやってきた桐屋の仕事を
オープンにしてみます。

サイトのご案内
http://www.takakiri.com
高安桐工芸 検索

カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
escape!

  POINT :   
橙色の玉を操作し水色の玉から逃げろ!
※Firefox未対応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四方桟 桟付け

GWに笠間で陶炎祭(ひまつり)が催されました。
年に一度の、笠間焼の一大イベントです。

ひまつりで陶芸家の先生方が販売された焼き物を仕舞う桐箱の制作に、
5月中三代目は追われていましたが、やっと落ち着いてきました。

あと引き出物用の40個を納めれば、一息付けそうです。


これは四方山という種類の蓋を作っているところです。
四方山が一番手間の掛かる、高価な桐箱です。

2012051813160002.jpg
作業風景。

棒みたいな物が4本写っていますが、合わせて山(サン)にしているところです。


四方山 山付け
こんな感じにピッタリと。

単純に見えますが、隙間なく歪みのない正方形に仕上げるの
はなかなか技術が必要です。

箱の方も歪みがないので、どの向きで山(サン)を入れても
ピッタリ収まります。

「よっ職人。」と外野の気軽さでチャチャを入れてみます。


右に写っているのは裏返した山と蓋になる天板。
山を貼った後は、山と天板を貼ります。


この後は仕上げのサンダーに入ります。

コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
高安桐工芸

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。