プロフィール

ゆかやら

Author:ゆかやら
くせ 空想
特技 想像
趣味 多趣味
性格 石橋は大丈夫だと思えば叩かず渡る
人生 感で生きる

黙々とやってきた桐屋の仕事を
オープンにしてみます。

サイトのご案内
http://www.takakiri.com
高安桐工芸 検索

カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
escape!

  POINT :   
橙色の玉を操作し水色の玉から逃げろ!
※Firefox未対応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米びつ2 ~美味しさ保存します(*´∀`)

HPからご注文を頂き、米びつをオーダーメイドでお作り致しました。

メールで何度もお打ち合わせをして、仕様等を決めました。


斜めから
全体の感じです
※ピンボケ・画像の色悪し(´・_・`)

外寸:W30×D35×H25センチ

米びつは、棚に収められるとのことでした。
両サイドに物が並んでも、お米の補充の際に米びつが出し入れしやすいよう、
手前と両サイドにブラカンをつけました。

ある程度引っ張り出しておいてから、
両サイドの持ち手に手が掛けれるようになっています。


10キロのお米が入るようにとのご依頼でしたので
ブラカンは強度のある大きいものを使用しています。

溝を彫ったり突起の持ち手より、持ち上げた時に安定感があります。


フタ 上から
フタ上部

フタは反り防止加工になっています。
手がかかると、フタもより見栄えがします☆。


半分開けて
手前側を開けた状態

計量カップもラクに持ち運べる程よい隙間。
手前側のフタの方が、奥のフタよりも広く開きます


フタ合わさり方
フタの合わさり方

合わさる部分はカギ型になっています。
それだけだと気密性が不十分なので、四方桟が回してあります。


永くキレイな状態でお使いいただけるように砥粉・水ろう仕上げです。


お客様からご感想をお寄せ頂きましたので、合わせてご紹介させて下さい( ´ ▽ ` )。

「 素敵な米びつをありがとうございました。

 早速使っています。
 一週間ほどですが、大きさも使い心地も良いと妻は言っておりました。
 特に蓋のはまり具合が気に入ったようです。

 長く使っていこうと思います。 」


ご感想をお寄せ頂け、大変嬉しく思っております。
喜びのご感想は作り手冥利に尽きる瞬間です。

ありがとうございました!。











スポンサーサイト

表書きの削り直し 

カテを迷いましたが、商品作りと同じように削り直すという仕事が私達にはあります。

1.jpg
時代物の桐箱のフタ。

依頼主の方が、この箱に違う作家さんの品を収められるとのことで、表書きを消します。


無垢材は、このように削り直して使えます( ´ ▽ ` )ノ。

2.jpg
カンナがけ

木が古く塩抜けして油分が無くなっている為、カンナがとても重たいそうです。

3.jpg
4.jpg

あっという間にひと皮剥けました!。

5.jpg
手前がカンナをかけ終えたフタ

この後ヤスリをかけて仕上げです。
依頼は計3枚でした。

仕上がりの画像がなくてすみません(//∇//)(汗)

お名前入りコースター

コースターのお名前入れ加工です。

新築のお祝いに、お使い頂きました!。


コースター
ギフトボックス入り。


3枚にご家族3名のお名前が入っています。

小さく入ったお名前は、ポイントになってとっても可愛いです☆☆☆。


ギフトボックスに入っているクルクルは桐のカンナ屑。

主役も脇役も桐。桐づくし!(笑)。


夏は木のコースターが涼しげです!。


贈った方も、贈られた方にも喜んでいただけ、本当に良かったです(´∀`*)。

雛人形

今日は3月5日。

雛人形を飾ったご家庭では、

①早々に仕舞う派 ②ぼちぼち片付ける派 ③のんびり嫁に行っておくれ派
に分かれる今日この頃ではないでしょうか。


ちなみにウチはまだ片付けておらず、やむなくぼちぼち派に入りそうです(^^ゞ。

明日片付けるぞぉ~。


昨日、雛飾りを仕舞われる大きな桐箱を納品しました。

大きさ比べ 300
幅も奥行もある大きな箱は、もはや家具です

箱の寸法:高さ80㎝ 幅68㎝ 奥行79㎝
天板だけでなく、側回りもすべて柾目を使用しています。



蓋を持ち上げて

蓋はインロー蓋です。
これだけ大きな蓋でも、開ける時に決してキツくはなく
ゆっくり気持ちよい抵抗感で上がります。



上の段

絹糸光沢を放ち、秋田桐はとても美しい木肌です。
大きいと木肌の美しさがよく分かります。



下の段

下の段の方が深くなっています。
事前にお人形の寸法をお測りして、仕舞われ方を打ち合わせして制作しました。


板が大き過ぎる為、
昇降版(材をカットする機械)や、超仕上げ(カンナ仕上げの機械)が使えず、
ノコギリや手ガンナ主体の、機械の無かった頃の工法で制作しました。


作業風景

大きなお仕事は完成の度に緊張が解け、脱力する三代目
そして一服して、すぐに別の箱に取り掛かる気持ちの切り替え、男前です。



お客様のお宅にて、納品の様子です!。
箱に魂が入ります。


押入れに入れる前

押入れの下段ぴったりの寸法で制作しました。


押入れに入れた後



見事な7段のひな飾りのプリンセス


撮影用に入って頂きました(*´∀`*)。

納品の際、お客様の方では小物の整理を始められていらっしゃいました。
今から仕切りを利用して、順々に仕舞われることでしょう。


あぁ、ウチも明日仕舞うぞ~。

木札

石岡のお祭りもいよいよ3日後になりました~。

高安桐工芸のお祭り関係のお品ものとしては、先日ご紹介したお獅子の収納箱の他、
お獅子の材料、太鼓のバチ、木札などがあります。

今日は、追加分の木札100枚をせっせとこしらえていました。

NEC_0063-1031276355_convert_201209121253211737554337.jpg
全部面取りします

木札はレーザーで文字などを施す場合と、焼きゴテなどで押す方法がありますが、
この木札は依頼された町内さんの方で焼き印されるようです。

来年はお名前入りの木札の完成品の販売を、ちゃんと宣伝してみようかなと思ってます。


さて週末の三日間はいよいよ!。

ゆかやら初めてのマイはんてんに身を包み、祭りに繰り出すこととします。
石岡在住12年目にして、やっとお祭りにその気になってきた感じですσ(^◇^;)。


石岡は大変な賑わいになります。

遠方の方もどうぞ遊びにいらっしゃって下さいね!!。


お祭りに関する情報はこちらから
http://www.city.ishioka.lg.jp/index.php?pid=236
検索フォーム
リンク
高安桐工芸

Facebookページも宣伝
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。